「如果不愛イ尓」

曲/Kim Hyumg-Seok  詞/李火卓雄


ウォ ナ シェ ファイ イ  ダオ ディ  シ フォウ シ  シ
我  那  些  懷  疑   到  底  是  否  事  實

ニィ イェンチン  ブ カン ウォ   ジ カン ジャ ウォ ミェンチェンコン  チ
イ尓  眼  睛  不  看  我   只  看  著  我  面  前  空  氣

ル グオ  ブ アイ  ニィ  ウォ ゼン マ  フイ  ドゥ  ジ
如  果  不  愛  イ尓   我  怎  麼  會  女戸  嫉

モ フェイ ブ ガン  シ チュ  ツァイシャンダオ ジン ズイ ホウ ヌ  リ
莫  非  不  甘  失  去   才  想  到  盡  最  後  努  力

シャンショォドゥィブ チー  ウォ  チ ダオ ツォンジンシャン ラ  ニィ
想  説  對  不  起   我  知  道  曾  經  傷  了  イ尓

ジ イー シュンジェンイー イエ イー イエ ファングオ チュ
記  憶  瞬  間  一  頁   一  頁  翻  過  去

ジェ ガ  ニィ   ブ  シ  ニィ  ウォ ダン チュ  ダ  ニィ
這  個  イ尓  不  是  イ尓   我  當  初  的  イ尓

*ドゥオシャオアイ グオ ダ  レン ズイ ホウ カ  イ ビェンポン ヨウ
* 多  少  愛  過  的  人  最  後  可  以  變  朋  友

ハイ シ シャンタオ チュ  フ コウ  ジュェ ブ フイ トウ
還  是  像  逃  出  虎  口   絶  不  回  頭

ショォチュコウ  ウォ ノン  ゴウ チェンショウ ルオ  ニィ  ブ ナン ショウ
説  出  口   我  能  多句  承  受   若  イ尓  不  難  受

ウォメイ ヨウ リュウレイ  ダ ジエコウ
我  沒  有  流  涙  的  藉  口

ビエショォツォン ツ  イ ホウ ウォ メン ハイ  シ ハオ ポン ヨウ
別  説  從  此  以  後  我  們  還  是  好  朋  友

ジ  シ シャンタオ チュ  フ コウ  ジュェ ブ フイ トウ
其  實  像  逃  出  虎  口   絶  不  回  頭

ジェウェンロウ  ゲンシャン シ  ズ ジョウ
這  温  柔   更  像  是  詛  咒

ハイアイ  ニィ  ダ ウォ  ゾウ ダオ ズイ ホウ  ジン ランイー  ウ スオ ヨウ *
還  愛  イ尓  的  我   走  到  最  後   竟  然  一  無  所  有 *


ウォ ナ フェンジェン チ ドウ シェン ダ  シ  ズ スー
我  那  分  堅  持  都  顯  得  是  自  私

ニィ ビン  ブ シャンタオ  ビ  チュェシャン シ ジェン ダ メイ グヮン シ
イ尓  並  不  像  逃  避   卻  像  是  真  的  沒  關  係

ル グオ  ブ アイ  ニィ  ウォ ゼン マ  フイ ジャ  ジ
如  果  不  愛  イ尓   我  怎  麼  會  著  急

モ フェイ ブ ガン  シ チュ  ツァイシャンダオ ジン ズイ ホウ ヌ  リ
莫  非  不  甘  失  去   才  想  到  盡  最  後  努  力

シャンショォドゥィブ チー   カ  シ ウォ  イ ジン シャン ラ  ニィ
想  説  對  不  起   可  是  我  已  經  傷  了  イ尓

ジ イー シュンジェンイー イエ イー イエ ファングオ チュ
記  憶  瞬  間  一  頁   一  頁  翻  過  去

ジェ ガ  ニィ  ブ  シ  ニィ  ショォアイ ウォ  ダ  ニィ
這  個  イ尓  不  是  イ尓   説  愛  我  的  イ尓


* くりかえし *


ル グオ  ブ アイ  ニィ  ウォ ゼン マ  フイ  ドゥ  ジ
如  果  不  愛  イ尓   我  怎  麼  會  女戸  嫉

ル グオ  ブ アイ  ニィ  ウォ ゼン マ  フイ ジャ  ジ
如  果  不  愛  イ尓   我  怎  麼  會  著  急



♪ 韓国ドラマ「オールイン」の國語版です。
  本家はパク・ヨンハが歌っています。
  と、いえども學友のこと、この歌もきちんと學友色に染まっています。
  深みがじわわ〜〜〜〜っと、出ております。



Black & White